トップページ 救急センターのご案内 これが欠陥住宅だ インターネット相談室 被害にあわないための豆知識 監理・監査システムのご案内

ホーム > 下水・排水不良・漏水

欠陥症状
雨漏り建物が揺れる
床下に水が溜まっている・・・、一階部分に湿気等を感じる・・・とお悩みの皆様、床下の点検が必要です。
床下漏水は床下の部材や基礎コンクリートの劣化に繋がる場合があります。また、白蟻処理の効果が滅失し、発カビを誘発します。 皆様の大切な建物に欠陥があると考えると非常にショックですが、まずは現状をきっちり把握し、その対策をしていく必要があります。建設会社によっては簡単な表面上の処理だけで済ましてしまう場合もあります。それでは建物自体の改善にはなりません。こちらではまず、床下の漏水の原因とその対策をご紹介します。

現象:「戸建の床下に水が溜まり一階にカビの臭いや湿気が発生」

マンションの欠陥相談、調査、検査
原因)
こちらの原因としては、給湯管や排水管の継ぎ目に不良があることが考えられ、また、管自体にひび割れや穴があることも原因としてあげられます。 
対策)
対策としては水を流し、漏水を確認した後、全て新しい管に取り替える必要があり、また長期化している場合は、カビ菌検査を実施し、防カビ処理も必要となる場合があります。  

現象:「マンションのフローリング材が濡れた状態になりカビが発生」

マンションの欠陥相談、調査、検査
原因)
この現象はまれにある珍しい現象ですが、原因としては、上記の現象と同様に給湯管や排水管の継ぎ目に不良があることが考えられ、管自体にひび割れや穴があることも原因としてあげられます。 
対策)
こちらの対策としても、水を流し、漏水を確認した後、全て新しい管に取り替える必要があり、長期化している場合は、カビ菌検査を実施し、防カビ処理も必要となる場合があります。

欠陥住宅で困っている方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

毎週土曜日 無料相談会(大阪駅北 徒歩5分)を受付中!
活動時間:9:00〜18:00 (定休日:日曜・祝日)
活動時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。
無料相談
TEL06-6372-0111:相談無料のお問い合わせはこちら
事務局所在地 所在地地図

大阪市北区芝田1-4-17
梅田エステートビル8F
(ハウスアンサー1級建築士事務所内)

欠陥住宅救急センターモバイル

上記QRコードか下記URLからモバイル版へアクセスできます。
http://www.jutaku110.com/m/