トップページ 救急センターのご案内 これが欠陥住宅だ インターネット相談室 被害にあわないための豆知識 監理・監査システムのご案内

ホーム > 外壁・内壁の亀裂

欠陥症状
雨漏り建物が揺れる雨漏り
家の内、外壁にいつの間にかひび割れが入っていたが、どうしよう・・・・とお悩みの皆様へ。新築数年程度で目に見えて分かるひび割れが発生した場合は、その原因によって補修、保全方法が変わります。単なる施工上のミスなのか、建物本体に問題がありひび割れが誘発されたのか等をしっかり確認する必要があります。耐力壁やコンクリートのひび割れはその幅が0.3ミリを超えている場合は建物の欠陥と判定されることがあり、また放置するとひび割れはその幅、深さ、長さにおいて成長し、建物耐久性に影響を与える事となります。施工者による表面的な処置だけでは、すぐに再発することが多く見受けられ改善には繋がりません。経年劣化ではないひび割れを種類ごとに紹介します。

現象1:「モルタル壁のひび割れ」

マンションの欠陥相談、調査、検査
原因)
こちらの原因として考えられるのは、モルタル塗りの手順の誤り(養生期間の不足)によるものです。また、下地に凸凹がある場合は、下地施工の誤りといえるでしょう。 
対策)
補修方法は原則として、ひび割れ箇所の解体が必要です。その上で再度塗り直しを行うことになります。

現象2:「サイディング壁のひび割れ」

マンションの欠陥相談、調査、検査
原因)
この現象はサイディングを貼る段階ですでに割れていることが考えられます。また、サイディングの貼り方が誤っている場合も考えられます。どちらにしても建築時にガイドラインを守っていないことになり、メーカー側からの指示等も考えられます。
対策)
補修方法はひび割れや配置が間違っている部位の交換が必須となります。場合によっては解体が必要になります。

現象3:「タイル壁のひび割れ」

マンションの欠陥相談、調査、検査
原因)
タイル自体そもそもすぐに割れるとは考えにくい点からみても、建築当初からタイルそのものが劣化していることがまずは考えられます。また、タイル下地モルタルが充分乾燥しない状態で貼り付けられ、モルタルのひび割れに引っ張られている場合もあります。 
対策)
補修方法としては、こちらの現象もタイルの取替えが必要となります。場合によってはこちらも解体が必要になります。

欠陥住宅で困っている方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

毎週土曜日 無料相談会(大阪駅北 徒歩5分)を受付中!
活動時間:9:00〜18:00 (定休日:日曜・祝日)
活動時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。
無料相談
TEL06-6372-0111:相談無料のお問い合わせはこちら
事務局所在地 所在地地図

大阪市北区芝田1-4-17
梅田エステートビル8F
(ハウスアンサー1級建築士事務所内)

欠陥住宅救急センターモバイル

上記QRコードか下記URLからモバイル版へアクセスできます。
http://www.jutaku110.com/m/