トップページ 救急センターのご案内 これが欠陥住宅だ インターネット相談室 被害にあわないための豆知識 監理・監査システムのご案内

ホーム > 救急センターのご案内

救急センターのご案内

欠陥住宅を正す建築士の会・規約

第1条(名称)
この団体は、欠陥住宅救急センターと称する。
第2条(事務局)
この団体の事務局を、大阪市北区芝田1-4-17 梅田エステートビル(ハウスアンサー1級建築士事務所内)におく。
第3条(目的)
この団体の目的は以下の通りとする。
  • 多く発生する欠陥や不良住宅を改善し、これ以上欠陥住宅を造らないこと、造らせないことを理念とし、欠陥住宅等の被害予防と救済について活動する。
  • 行政当局に欠陥・不良住宅のデータを提供し、消費者の立場からの建築関連法、条例の改正、また中間検査、工事完了検査の拡充を要求していく。
  • 建築士のモラルの向上と資格経験を活かし社会に広く貢献することを目的とする。
第4条(活動計画)
この団体は下記の活動計画に基づき行動する。
  • 検査と監査を中心とした中立的第三者機関をめざし「欠陥住宅を造らない」を理念に建築業界及び行政に働きかけていく。
  • 欠陥住宅の修復、保全また被害住宅の予防と救済の啓発、これらに関する研究会、シンポジウムを開催する。
  • 欠陥住宅の実態を把握するため、継続的に住宅被害無料電話相談(欠陥住宅110番)を解説する。
第5条(会員)
この団体は、目的に賛同する建築士・弁護士・行政書士、その他会の趣旨に賛同する者で構成する。
第6条(機関)
この団体に次の機関を置く。
  • 運営委員会
第7条(運営委員)
この団体に次の運営委員をおく。
  • 代表:1名
  • 事務局長:1名
  • 会計:1名
  • 運営委員:若干名
  • 会計監査:1名
第8条(運営委員会)
運営委員会は会計監査をのぞく運営委員で構成され、総会で決議された事項について協議執行する。
第9条(運営委員の選出、任期)
運営委員は、全運営委員の推薦によって選出され、任期は1年とする。
第10条(財政)
この団体の財政は、会費及びカンパでまかなう。
会費は、年6,000円 その他会員は、20,000円
第11条(規約の改正と実施日)
この規約は会員の半数をもって改定され、1999年10日より実施される。

欠陥住宅で困っている方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

毎週土曜日 無料相談会(大阪駅北 徒歩5分)を受付中!
活動時間:9:00〜18:00 (定休日:日曜・祝日)
活動時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。
無料相談
TEL06-6372-0111:相談無料のお問い合わせはこちら
事務局所在地 所在地地図

大阪市北区芝田1-4-17
梅田エステートビル8F
(ハウスアンサー1級建築士事務所内)

欠陥住宅救急センターモバイル

上記QRコードか下記URLからモバイル版へアクセスできます。
http://www.jutaku110.com/m/