トップページ 救急センターのご案内 これが欠陥住宅だ インターネット相談室 被害にあわないための豆知識 監理・監査システムのご案内

ホーム > 救急センターのご案内

救急センターのご案内

設立の経緯

マンションの欠陥相談、調査、検査
事務局長 山口曜一
私自身も欠陥住宅の被害者です。あの阪神・淡路大震災で自宅が地盤沈下してしまいました。築2年でした。大手ハウスメーカーの注文住宅だったので安心していたのですが、正しい基礎工事が行われておらず震災に耐えられなかったようです。裁判にも訴えたのですが「地盤沈下の直接の原因は震災である」という理由で敗訴してしまいました。
そのなかで、関西の住宅被害者の会にささえられたり、地盤沈下の修復の過程で多くの建築士さんと知り合えたことがこの会の結成のきっかけとなりました。「欠陥住宅」に悩んでいる方の力になりたいと思っております。

マンションの欠陥相談、調査、検査
1級建築士 今城健児
建築士として18年間ゼネコンや工務店に勤め、様々な欠陥 建築をみてきました。また会社の方針とはいえ見過ごしてきたという反省のような気持ちがあります。現在は一級建築士事務所を開いておりますが、被害者の多 さに驚くと共に専門家の立場から「欠陥住宅を造らない、造らせないと強く思っております。

マンションの欠陥相談、調査、検査
弁護士 上原康夫
欠陥住宅問題を解決するには専門家集団の力がどうしても必要なのですが、住宅の検査や鑑定、現場管理ができる建築士が以外と少ないのです。「救急センター」のそういう検査に精通している専門家の方々は、建築紛争事件解決には欠くことができない存在であると思っています。今後も住宅被害者を一人でも多く救済できるよう専門家の皆さんと協力しあっていきたいと考えております。

メンバー

建築士 今城健児, 平塚義久, 清瀬功, 林佳男, 西川義明, その他
弁護士 上原康夫, 島村美樹
行政書士 高熊晴男, 高尾明仁
司法書士 畑洋二
土地家屋調査士 伊藤洋

活動内容

住宅全般に関する電話相談
住宅等の監理及び診断、検査
  • 住宅購入、または新築して入居後に不具合や、欠陥の心配がある住宅等の検査
    (様々な不具合箇所のチェックと正しい補修、保全方法の指示、耐久性等の診断、必要に応じて検査報告書作成の上、施工業者との交渉支援等を行う)
  • 建て売り、注文住宅で完成途中か引き渡し前の建物の診断、検査
    (設計図書関係の書類をチェックのうえ検査。不具合や欠陥が発見された場合は検査報告書作成の上、建築業者に正しい補修、保全方法を指示する)
  • 建て売り、注文住宅で完成途中か引き渡し前の建物の診断、検査
    (設計図書関係の書類をチェックのうえ検査。不具合や欠陥が発見された場合は検査報告書作成の上、建築業者に正しい補修、保全方法を指示する)
売り主や、施工業者との紛争の相談、専門家の紹介
(弁護士・行政書士・司法書士)

欠陥住宅で困っている方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

毎週土曜日 無料相談会(大阪駅北 徒歩5分)を受付中!
活動時間:9:00〜18:00 (定休日:日曜・祝日)
活動時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。
無料相談
TEL06-6372-0111:相談無料のお問い合わせはこちら
救急センターのご案内
事務局所在地 所在地地図

大阪市北区芝田1-4-17
梅田エステートビル8F
(ハウスアンサー1級建築士事務所内)

欠陥住宅救急センターモバイル

上記QRコードか下記URLからモバイル版へアクセスできます。
http://www.jutaku110.com/m/