トップページ 救急センターのご案内 これが欠陥住宅だ インターネット相談室 被害にあわないための豆知識 監理・監査システムのご案内

ホーム > 雨漏り

欠陥症状
雨漏り建物が揺れる雨漏り
雨漏りは建築法令にて「雨水の浸入を防止すること」が定められています。そのため、「直さない」と言う売主や施工者は少ないのですが、侵入の部位や原因を確認せず補修を行ってしまうケースが多く見受けられます。雨漏りには原因特定の散水検査や紫外線投射検査は欠かせません。また、目に見えない内外壁の間に水や湿気が溜まることがあり、それらは膨大なカビ菌の発生や部材の腐食へと繋がり、建物の耐久性、安全性に影響を与えます。第三者の専門的な検査は必須です。こちらでは雨漏りによくある事例とその原因をご紹介します。

現象1:「窓枠サッシ廻りや外壁等のひび割れから漏水する」

マンションの欠陥相談、調査、検査
原因)
こちらは雨漏りの中でもよくあるケースです。 原因として考えられるのは、サッシと外壁等の継ぎ目(取り合い部)の施工に誤りがあり、隙間ができた場合や外壁下地の防水(シート等)に不備がある点です。 また、外壁等にひび割れが施工当初から発生しているという点も考えられますが、どちらの原因にしても、建物としての危険度は高いといえるでしょう。
対策)
外壁施工のやり直しが基本的な補修方法になります。細かい補修方法は建物によっても変わってきます。

現象2:「部材の腐蝕やカビが発生している」

マンションの欠陥相談、調査、検査
原因)
この現象は外壁と内壁の間に水が廻り漏水が分かりにくいケースで、気が付いた時には、かなり症状が進んでいる場合があります。
内壁と外壁の間に外部からの雨水が侵入し、水や湿気が溜まるのが原因としてあげられます。 
対策)
まずはカビ菌検査にてカビの放散量や種別を確認します。また、腐食した部材が使用可能かどうかの判定を行います。補修の方法としましては、カビ菌の除去、防カビ処理を行い、部材に関しては取替えもしくは補強が必要となります。

現象3:「内壁等に結露か漏水か判別しにくいシミができている」

マンションの欠陥相談、調査、検査
原因)
こちらは少しまれなケースではありますが、気がついた時にはかなり危険度は高い症状であり、原因は漏水といえます。
対策)
まずは外部から散水検査等を行い、漏水の有無を確認します。漏水でない場合は断熱材の有無を検査します。場合によっては解体検査が必要となります。

欠陥住宅で困っている方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

毎週土曜日 無料相談会(大阪駅北 徒歩5分)を受付中!
活動時間:9:00〜18:00 (定休日:日曜・祝日)
活動時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。
無料相談
TEL06-6372-0111:相談無料のお問い合わせはこちら
事務局所在地 所在地地図

大阪市北区芝田1-4-17
梅田エステートビル8F
(ハウスアンサー1級建築士事務所内)

欠陥住宅救急センターモバイル

上記QRコードか下記URLからモバイル版へアクセスできます。
http://www.jutaku110.com/m/